不倫の慰謝料額は条件で異なる~離婚する前に知っておきたい情報~

弁護士への相談に必要な費用の目安

弁護士に問題解決を依頼する際には、相談から始めます。この時に必要な費用は相談費のみで、着手金や報酬金は訴訟や交渉などの行動を起こしてから決定されます。離婚問題や債務整理など依頼する内容は人によって様々ですが、相談費は30分につき5000円が目安で、内容によって変わることは少ないです。

慰謝料を請求する条件

男女

男女関係がある

不倫が原因で離婚をする場合、不倫相手との男女関係が存在すれば慰謝料を請求出来ます。それは、不貞行為として認められるためには肉体関係の事実が必要だからです。ですが、相手から脅迫をされるなど、合意がなく関係を強要された場合は慰謝料の請求は出来ません。

故意な不倫関係

既婚者だと知りながら関係を持つなど、不倫関係の継続が故意であると認められた場合には、不倫相手にも慰謝料を請求出来ます。ただし、独身者だと嘘をつかれており、最後まで既婚の事実を知らなかったケースは、不法行為には当たらないので慰謝料の請求は不可能です。

保護される利益があること

婚姻関係を結んだ時から双方に「婚姻生活を平穏に送る権利」が存在します。不倫によってその権利を侵害され離婚に至った場合には、慰謝料の請求が可能です。既に長く別居状態であったり、婚姻生活が破綻していると認められた場合は、慰謝料の請求は難しくなることもあります。

不倫の慰謝料額は条件で異なる~離婚する前に知っておきたい情報~

割れたハート

離婚成立までの流れ

離婚をすることと、離婚時の条件のどちらも合意が取れている時には、離婚届を提出するのみの協議離婚が可能です。ですが、一方のみが離婚を主張していたり、慰謝料の有無に納得をしていない場合、弁護士に依頼をして裁判離婚をする必要があります。弁護士と共に訴状を作成し、裁判で口頭弁論を繰り返して和解を目指します。最終的に裁判所に提示された和解を受け入れる必要があるため、弁護士と協力して証拠集めや正当な主張をすることが大切です。

シャツ

条件で異なる!慰謝料の目安

不倫が原因で慰謝料を請求する時には、条件によって慰謝料額は大きく異なり、50万円から500万円までの差が出ます。まず、慰謝料の請求のみで離婚をしない場合には、約50万円の慰謝料しか望めません。これは、不倫が婚姻関係に与えたダメージが少ないと判断されるためです。次に離婚をする場合ですが、基準額は約100万円となっています。そこに不定回数や未成年の子供の有無、不倫によって受けた精神的ダメージが考慮されて、金額が上がる仕組みです。

念入りな準備が大切

より多くの慰謝料を請求するためには、数多くの証拠が必要になります。不定回数の有無を裏付けるメールや、肉体関係が認められる写真など、種類も幅広いです。裁判前に念入りな準備をすることでスムーズな解決が可能なため、弁護士と協力して丁寧に行いましょう。