書類手続きからトラブル解消まで!遺産相続は弁護士にお任せ

書類手続きからトラブル解消まで!遺産相続は弁護士にお任せ

男の人

遺産相続とは?

遺産相続は、死亡者が保有していた私的財産を受け継ぐことです。相続する財産は、現金や不動産などプラスのものだけではありません。死亡者が抱えていた借金などの負債も相続対象となります。遺言書が残されている場合を除いて、子や親戚など、誰がどの財産を受け継ぐかは明確に設定されていません。そのため、身内間のトラブルになりやすく、弁護士への依頼も多いです。

裁判所

相続税や贈与税について知っておく

遺産を受け継ぐ時には、相続税というお金を支払わなければなりません。これは、死亡者が保有していた相続財産を全て集計し、法律で決められた基礎控除額を除いて残った財産にかかる税金です。どんなに小さな財産でも最低10%が相続税としてかかりますし、都市部の不動産など高額なものには最高55%の税金が必要になることもあります。ですが、贈与税ならば110万円以下の物には税金はかからない上に、数百万円単位の贈与をしても10%以下で済むことも多いです。予め知識を持った上で、どちらが得かを判断することが大切です。

男女

弁護士を介する利点

遺産相続問題が起きた際に弁護士に依頼するメリットは、解決のスムーズさにあります。相続トラブルは主に身内間で起こるため、話し合いが上手くいかなければ問題が長期化してしまうことが多いです。ですが、その間に貯蓄口座が凍結されてしまったり、不動産や株式など、時価に左右される財産の価値が下がることも考えられます。そのため、早期に弁護士に解決を依頼することが大切です。

ジャッジガベル

公正証書遺言の重要性

財産を残したい人がいる場合には、公正証書遺言の作成が重要です。これは公的に作成する遺言書のため、相続人と残す財産を明確に指定することが可能です。また、手書きの遺言書と違い、本物かどうかを確認する手間がないので、財産の相続や名義変更をスムーズに行うことが出来ます。予め印鑑証明や不動産保持の書類などの必要な文書が入った遺言書を作れるため、相続の正確さやスムーズさが保証されます。

遺言書を書く際の注意点

男の人

自筆で書くこと

遺言書を残す時に、無効と判断される事例を知っておく必要があります。近年、パソコンが家庭に普及したことで増えているトラブルが、ワープロで作成された遺言書の無効化です。遺産相続時に遺言書が残されていた場合、家庭裁判所に本物であるかを確認してもらう手続きが必要になります。その時に自筆でない遺言書が残されていても、本物と判断する要素がなく、無効になることも少なくありません。

記入漏れがないかを確認

家庭裁判所に有効な遺言書だと判断してもらうためには、記入漏れがないことが大切です。遺言書に署名を残す人は多いですが、必要事項はそれだけではありません。署名と共に押印も必要ですし、日付の記入も重要です。書き終える前に、第三者と確認しておくと良いでしょう。

書き間違えの無いように

現金や不動産などの遺産相続について遺言書に記載する場合、書き間違えに注意しましょう。相続対象の財産目録を載せる人は多くいますが、不動産の住所が間違っていると、スムーズに相続出来なくなる可能性があります。また、現金の額に不備がないかもよく確認しましょう。