時効の援用とは?

借金には時効制度が存在します。消費者金融や銀行など、営利目的でお金を貸している商人からの借金は5年が時効です。また、個人間や公庫から借りた営利目的がない民事的な借金の時効は10年です。時効が成立した借金は、制度の利用を相手に伝えることで返す必要がなくなります。伝え方に決まりはありませんが、多くの場合はトラブルを避けるために内容証明郵便が使われており、この行為を時効の援用といいます。

弁護士への依頼が多い案件TOP3

電卓を操作する人
no.1

プロの手を借りる債務整理

弁護士への依頼で多いのが、債務整理の案件です。多くの借り入れをして返済が困難になった場合に、返済内容の整理や破産手続きの対応をしてくれます。過払い金が発生する時には交渉や回収も行っており、個人から企業まで幅広い層が利用しています。

no.2

メリットが多い家事事件

遺産相続や、不倫が原因の離婚など、家庭内で起こる家事事件の依頼も近年増えています。身内間のトラブルは自分で対応しようとすると感情的になってしまい、問題解決や慰謝料請求がスムーズにいかなくなることがあります。弁護士に依頼することによって、トラブルの早期解決に繋がるなどメリットが多いです。

no.3

残業代請求は早めの相談が大切

サービス残業の問題増加に伴って、残業代請求の依頼も多くなっています。本来ならば支払われるはずの残業代を、嘘の事実を伝えて請求を拒むケースが存在します。また、企業側が問題ないと思っていても、法的には支払う義務がある残業代も多いです。タイムカードなど証拠集めが必要になるため、早めに相談を行いましょう。

遺産相続について学んでおくことが大切~弁護士に相談する前の準備~

男女

過払い金の払い戻しや時効の援用で借金を整理しよう!

多額の借金をして返済が困難になった場合、過払い金の払い戻しを利用することで返済額が大きく減ることもあります。過払い金の計算は、借金の取引履歴の引用や細かな計算など個人では難しいことも多いので、弁護士に依頼するとスムーズです。また、プロの知識を借りることで払い戻しの交渉も安心して行うことが出来ます。その他にも、時効の援用制度を活用すれば返済の必要がなくなるケースがあります。一気に借金整理をすることが可能なため、時効制度が当てはまるかを弁護士に相談すると良いでしょう。

ジャッジガベル

不倫が原因で離婚したい時には誰に相談すればいい?

男女の関係がある不倫は、不貞行為として法律上認められた離婚原因です。不貞行為は一方に責任があると判断されることも多いので、慰謝料の請求を行う場合など、問題解決も複雑化しやすいです。そのため、弁護士に相談するとスムーズに解決することが出来ます。相手が慰謝料の支払いに応じない際の訴訟なども対応してくれますし、弁護士が間に入ることによって精神的な負担を大きく減らすことが可能です。また、証拠集めが必要になった場合、的確な指示を受けられるので無駄がありません。

お金と電卓

大阪で遺産相続に悩んだら専門の弁護士を頼ろう!

遺産相続問題が発生した時には、専門の弁護士を探すと良いでしょう。遺産相続問題は幅広い知識が必要な上、経験や実績も重要になる分野です。探し方が分からない場合は、地域ごとに専門弁護士を探せるインターネットサイトの活用もおすすめです。大阪には初回無料相談や、実績多数を掲げている弁護士もたくさんいます。遺言書の有無や遺産分配など、身内間では上手く話し合いが出来ない問題も法的な観点から適切に対応してくれます。

[PR]
アポスティーユの内容を確認
手続きについて調べよう

遺産相続に関するQ&A

天秤

トラブルがなくても相談出来る?

決定的なトラブルがなかったとしても、遺産相続は幅広い知識が必要になります。相続対象の物品や分配方法についてなど、分からないことが多く、問題解決に着手出来ない時には弁護士に依頼すると良いでしょう。

[PR]
不倫や離婚の危機を未然に回避
結婚の体験談をチェックしよう